Newうどんまきの雑記ブログ

ゲームのことや、商品のレビュー、哲学、ライフハックなどの雑記ブログにする予定です。よろしく。

短編RPG"獅子王の伝説"のレビュー ~苦難と感動を味わえるゲームではなく、数時間でストーリーをクリアできるゲームだった!~

KEMCOから配信された短編RPG"獅子王の伝説"をSwitchで購入しました。

iOSAndroid、NintendoSwitchに対応しています。NintendoSwitch版だけ有料です(税込み486円)

ã¹ã¯ãªã¼ã³ã·ã§ããç»å

このゲームは、上の画像の通り「クリアする喜びを全ての人に味わって貰いたい」という思いから作られた短編RPGです。普通、RPGと言ったら何十時間もかけてクリアするものが多いですが、今作は2~4時間程度でクリアできるものとなっています。

僕はNintendoSwitchの広告記事でこのゲームを知り、上記の思念に感銘を受けたので、購入しました。「バイト代が入ったら絶対に買うぞ」と即決し、実際にその通りにしたぐらいです。

そして昨日、期待で胸を膨らませ、早速クリアしてみたので、レビューしていきたいと思います。ネタバレは完全になしです。

 

 

 

 【レビュー】

獅子王の伝説は「クリアする喜びを全ての人に味わって貰いたい」という思いから作られた短編RPGです。

僕なりの総評としては「あっさりしすぎている」、です。長編RPG一本分の苦難と感動が数時間に凝縮された、濃厚な短編RPGを期待・予想していたのですが、期待を裏切られ、すごくあっさりしていると感じました。その理由として挙げられるのは

・世界観とキャラクター性の魅力が薄い

・戦闘が作業と化している

主にこの2つです。では、これらをそれぞれ掘り下げていきましょう。

 

~世界観とキャラクター性の魅力が薄い点について~

 このゲームは、恐らくテンポ重視で作られたと思います。なぜなら、ストーリーがポンポンと進み、その他の作りこみが甘いからです。

 確かにストーリーはとてもなぞりやすいのですが、その分モブキャラやテキストに面白みがありません。モブキャラは「とりあえず置いてみた」程度のクオリティ。面白いRPGは、モブ一人一人にも性格や歴史があるものですが、このゲームのモブはそういうのが全然ありません。テキストも、単なる説明としてしか機能していません。 モブとテキストに面白みがない分、テンポが良くなりますが、世界観の魅力が欠けると思います。

 

 ではメインのキャラクター達はどうなのかと言うと、これまた作りこみが甘い。そのキャラクターの生い立ちも軽くしか触れられません。ここまでならまだ良いです。

 例えばMOTHER2なんかは、メインのキャラクターの性格についてはあまり掘り下げられません。しかし、これでも良いRPGになるには条件があります。それは、世界観が魅力的な事です。MOTHER2は世界観が魅力的なRPGのため、メインキャラクター性の薄さは問題となりません。しかし、獅子王の伝説は、前述の通り世界観に魅力が欠けている上キャラクター性も同様なのです。

 

【戦闘が作業と化している点について】

 まず、RPGにおいて戦闘というのはメインシステムです。プレイヤーが「ゲームの目的を達成する為に頑張る」場面です。RPGでも、どちらかと言えば戦闘よりフィールド上の謎解きなどがメインとなるものもあると思いますが、獅子王の伝説においては、謎解き要素が皆無なので、あくまでも頑張る場面は戦闘がメインです。

 達成感を得るためには、ストーリーも大事なのですが、プレイヤーが頑張った場面というのも重要です。しかし、獅子王の伝説では「頑張りが不必要な難易度」なのです。駆け引きや戦略をよく考えた事が一度もありませんでした。ザコは強い技で大体イチコロ、ボスもただの耐久戦。勝算しかない。

 このゲームは世界観とキャラクター性が薄く、ストーリーにおいて達成感を得にくいと感じたのですが、戦闘でも達成感が得にくいのです。

 

 

 

 

【まとめ】

 以上の事から、僕は獅子王の伝説の開発目的は「苦難と感動をプレイヤーに味わって貰う」事ではなく、「数時間でストーリーをクリアして貰う」事が目的だったんじゃないかな~と思います。うん、すごく残念(´;ω;`)

 他の方のレビューだと「ストーリーが良かった」が主なのですが、そういう方はストーリーだけに目を向けているのでしょう。僕としては、ストーリーを引き立たせる「モブやテキスト、グラフィック、キャラクター性」の作りこみが気になったので、ストーリーも面白く感じられませんでした。 

 

 とりあえず、KEMCOに感想もとい願望を送ってみます( ^ω^ )

 短編RPGという発想はとても気に入っているので、すごく惜しい作品なのです(´・ω・`)

 世界観、キャラクター性、戦闘のいずれかはちゃんと作っておいて欲しかったですね。自作に期待です。

 

 

おわり

最初の記事を書いてみましょう

 こんにちは、Newうどんまきです。ブログをやりたいので、作ってみました。そしたら、はてなから、「最初の記事を書いてみましょう」という催促が来ました。何を書けば良いのか分かりませんが、とりあえず書いてみます。

 このブログは、ゲームのことや、商品のレビュー、哲学、ライフハックなどの雑記ブログにする予定です。それでは、ネタが尽きたし学校へ行かなくてはならないので、これにて終了。読んでくれてありがとうございました。